ONE by ONE

あらゆる地域にはその地特有の文化がある
着ている衣服は文化や生活を身体に投影し、私たちにその人を想像させる
服を着るという行為はおそらく多くの人にとって日々の習慣であり、他者の干渉のない日常的行為であろう
私たちは服を着せるという行為によりその日常の一部を共有し、直接的なコミュニケーションを試みる
相手の五感に訴えかけながら衣服はその空間に溶け込んでいき、やがて生活の一部となった風景が現れる
衣服を着るという行為によりその日常の一部を共有し、日常的行為はシチュエーションによって姿を変え、
一人一人の人間の存在を引き立て、美しさを映し出す
衣服を着せるというコミュニケーションによりそこにいる人との繋がりが生まれ、
その時・その場を共有することができる

Every place on earth has its distinctive culture.
What people put on naturally projects their culture or way of life.
giving us space to imagine what their life is like.
Wearing clothes is part of most people's daily routine,and is an regular act where no interference occurs.
By having people wear our clothes, we attempt to find raw communication that shares little parts of daily life.
The act of putting clothes on, somehow, change its significance in different situations,
while arounsing one's existance or quality as an individual.
Having people wear our clothes gives birth to that communication allowing us to share the space and time in common.